さよなら
過去のAR。

WebARがイベント
集客に
革命を
起こします。

Scroll

私たちがご提案する、
WebARという
新しい時代の
集客スタンダード

現実世界の情報に、文字や動画や3Dなど、
様々な情報を付け加えるARの技術。
「WebAR」は、アプリをダウンロードせずに
AR体験を提供する全く新しい技術です。
「革新的な技術」と「手軽さ」で、
来店型ビジネス・イベント集客を加速させます。

AR体験 イメージ画像

New age standard

WEBAR

WebARを取り巻く環境は、
刻一刻と、ものすごいスピードで
進んでいきます

通信革命「5G」

2019年にいよいよスタートする、通信の常識を大きく変える「5G」。
ARなどのデータ容量の大きいコンテンツの高速化はもちろん、
インターネット上の情報と、現実世界の距離が急激に縮まります。

引用 : 総務省動画チャンネル

5G

WebARの5つの特徴

1

アプリ不要。
驚くほど簡単にAR体験を

従来のアプリのダウンロードが必要だったARは、私たちが思っている以上にユーザーにとって障壁となっていました。
私たちが開発するWebARは、ブラウザがあれば大丈夫。QRコードから、URLから、すぐにAR体験を提供します。

WebAR 動作サンプル

2

あらゆる状況に応じて、
臨機応変にコンテンツを変更可能

すでに販促物を配布した後でも、それに対応したWebARのコンテンツは自由に変更できます。
集客の状況に応じてコンテンツを修正したり、イベント終了後にコンテンツを削除したり、きめ細やかで柔軟な対応が可能です。

デバイス イメージ画像

3

「リアル」と「Web」に
親和性をもたらす

パンフレットやポスター、リーフレットにQRコードを載せ、Webへ誘導してもユーザーはなかなか行動を起こしません。
現実世界をベースに情報を付け加えるWebARは、「リアル」と「Web」の間のギャップを埋めてくれる、親やすいコンテンツです。

利用例 イメージ画像

4

ARだけで完結しない。
SNS、公式サイトとの連動

ユーザーにAR体験をさせること自体が目的ではありません。SNSへの拡散を促して潜在顧客へリーチさせたり、公式サイトへ遷移してイベントを認知させたり、使い方次第で可能性は大きく広がります。
また、Webサイト側にWebARを組み込むことも容易です。

様々なメディアとの連携 イメージ画像

5

データ採りにより分析・改善が可能。

リアルな販促物と違い、WebARはデータ採りが可能です。どのくらいのユーザーがWebARを体験したか、そこからWebに流入したのか、全ての数字がはっきりとわかります。
データ採りから、それに基づいたWebARの改善提案までご依頼いただけます。

データ採り イメージ画像

想像してみてください。
来店型ビジネス・イベント集客×WebAR

音楽系イベントフライヤー × WebAR

アーティスト名が羅列されているだけのフライヤーが、ARの技術でよりインタラクティブなものに進化します。 フライヤーにスマホをかざすと出演アーティスト一覧が表示され、タップすると動画を再生。きになるアーティストがいれば、そのままiTunesストアにリンクします。 もちろん、イベントの公式サイトへのリンクや、Twitterによる拡散機能も備わっています

イベント入場用チケット × WebAR

入場する際のチケットにも、WebARが付加価値をつけます。チケットにスマホをかざすと、迫力のある3Dオブジェクトが現れます。現実世界に現れた3Dオブジェクトの写真を撮る機能や、Twitterによる拡散機能も搭載。 WebARの技術がチケットを購入したユーザーにイベントの周知を促し、認知向上して集客につなげます。

使い方次第で、
無限の可能性。

来店型ビジネス・イベント集客に、
WebARがイノベーションを起こします。

メディア掲載実績

MdN DESIGN

グノシー

MarkeZine

SankeiBiz

exciteニュース

BIGLOBEニュース

@nifty ビジネス

InfoseekNews

livedoor NEWS

朝日新聞DIGITAL

zakzak

NEWSCAST

SANSPO.COM

StartHOme

財経新聞

とれまがニュース

OSDNMagazine

News Release

COZIKEE

WebAR開発ブログ

開発者Twitter

無料相談

代理店様からのお問い合わせは、
お断りさせていただいております。

WebARを活用した企画の提案から、
開発・運用までワンストップでご提供します。
お客様と直接やりとりさせていただくため、
不要に費用が高くなることはありません。
エンドクライアント様からのお問い合わせをお待ちしています。

会社名必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご相談内容必須