日本語 English

WebXR

WebXR(VR/AR/MR)

アプリは不要。
ビジネスの可能性を広げる
実用的なWebXR。

ゲーム、エンターテイメント分野への導入で、世の中に少しずつ広まり出したVR/AR/MR。
しかし、それらを産業用として活用し、ビジネスの可能性を広げている例はまだまだ多くありません。
ALAKIでは、今まで培ってきたIT/Webの技術を活かし、ビジネスユースなWebXR(VR/AR/MR)をご提案/開発します。

WebXRについて

ダウンロードが必要なXR(VR/AR/MR)アプリとは違い、ALAKIが開発するWebXR(VR/AR/MR)はブラウザ上で動作します。
事前にインストールを必要とせず、より多くの方に手軽に体験していただけるのが最大の魅力です。

WebVR

WebVR

VRヘッドセット内でブラウザを立ち上げ、URLを入力するだけで気軽にVRを体験することができます。

WebVR

マーカー型WebAR

あらかじめ設定した「マーカー」と呼ばれる任意のマークをデバイスのカメラで読み取ることで、3Dデータを表示させる技術です。

WebVR

マーカーレスWebVR

「マーカー」を必要としないAR技術を、Web上で実現します。
カメラをかざしてタップしたところに自由に3Dデータを配置できるため、非常にスムーズなAR体験をユーザーに提供します。

サンプルギャラリー

弊社で開発したWebXRのサンプルを、動画でご確認いただけます。

WebXR開発の流れ

まずはヒアリングの内容を元にしたプロトタイプを作成し、実際にお客様にWebXR(VR/AR/MR)を体験していただきます。
その後、改善点があれば機能の調整を行い、細部を作り込んでいくのが主な流れです。
企画や3Dデータはすでにあり実装だけお願いしたい、というご要望にももちろんお応えいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

1

技術面、企画面両方の観点から
ヒアリングを行います。

2

ヒアリングをもとにした、
プロトタイプを作成いたします。

3

プロトタイプをお客様に実際に触っていただき、
問題点を洗い出します。

1〜3を繰り返します。

4

プロトタイプで詰めた内容をもとに、
3Dオブジェクトの作り込み、機能の調整を行います。

5

お客様にチェックを行っていいただきます。

6

納品

エンドクライアント様からの
お問い合わせをお待ちしております

弊社がご提供するIT/Webのサービスを正しくご活用いただくには、
エンドクライアント様と直接お話しさせていただくのが必要不可欠だと考えております。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら